華麗なる一族のネタバレとあらすじ

アクセスカウンタ

help リーダーに追加 RSS 華麗なる一族のネタバレとあらすじ

  作成日時 : 2007/01/26 18:07  

トラックバック 3 / コメント 1

華麗なる一族にはモデルがあるのはご存知だろうか、
そのモデルをまずここにかいていきたいとおもいます。

〜華麗なる一族のモデル〜

モデル山崎豊子の小説がぞうで、
他の作品と同じで、
実際の事件や人物をモデルにしたものだ。
華麗なる一族は山陽特殊製鋼倒産事件の話をモデルにしていて、
華麗なる一族の阪神特殊鋼は山陽特殊製鋼をモデルに、
阪神銀行は神戸銀行を、万俵家は神戸の岡崎財閥をモデルしている。
華麗なる一族の阪神銀行および阪神特殊鋼は、阪神銀行(現・みなと銀行)、
阪神特殊鋼株式会社との関係はない。

ここからは
華麗なる一族のあらすじとネタバレ
をかいていきます。
華麗なる一族の原作は1974年の映画をもとにされている。
原作と映画は父親が主人公だが、ドラマの
華麗なる一族は長男=木村拓哉主演をつとめている。
また、ドラマ化で「阪神特殊鋼」が「阪神特殊製鋼」
にかわっていたりと少し内容が違うところもある。
華麗なる一族は財界、政界に影響した財閥一族のドラマである。

華麗なる一族の第二話を見逃した方こちたに動画があります

第二話

画像

華麗なる一族では、鉄平(木村拓哉)は関西では有名な
財閥 ・万俵家の長男という設定である。「阪神特殊製鋼」の専務勤めている。
父 ・大介(北大路欣也)は阪神銀行の頭をしている、
大介自身のの野望のためにパイプをつなぐために身内を
政界の人たちと結婚させてしまう人で。
しかし、大介だけでなくて、万俵家の代々の政策である。
この政策で万俵家の地位は関西財界では確立されていく。

〜華麗なる一族のネタバレ〜

大介(北大路)は鉄平を大介の子ではなく父の子だとおもい
こんで恨んでいる。鉄平は高炉建設の計画をスタートし、
大介の阪神銀行はメインバンクなのにお金をかしてくれず。
理由は恨みがあるので。鉄平はお金を誰に借りるかとと考え
大同銀行の三雲(柳場敏郎)三雲さんは鉄平を気にいっているので
借りることができました。
三雲さんの思いどうりではなく、鉄平経営の阪神特殊鋼の
業績はいいとはいえません。大手の取り引き先の停止と高炉建設
の事故のせいでわるくなっていきます。
阪神特殊鋼は資金繰りにこまっていって
銀行からお金を借りることにします、しかし
メインバンクの阪神銀行はあいかわらず貸してはくれません。
大介が鉄平に恨みがあるから、そしてまたも三雲さんから借ります。
大介はあることを考えました。
「阪神特殊鋼を利用して、大同銀行(三雲さんが頭取の銀行)を合併できる。」

阪神特殊鋼は資金繰りがよくなく
メインである阪神銀行がお金を貸してくれなく倒産。
阪神特殊鋼に貸した大同銀行も経営が悪化します、
そこを大介が買収する。とうとう大介は計画を実行し
「小が大を呑む合併」をなしとげる。鉄平は父が自分を踏み
台にしてこの計画をしていたとしります。
そのあと、鉄平は思いもよらない行動に・・・

華麗なる一族の最終回

画像

テーマ

テーマ検索

テーマレーダー

月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
華麗なる一族の華麗なるあらすじ
華麗なる一族の華麗なるあらすじ ...続きを見る
華麗なる一族の華麗なるあらすじ
2007/01/26 20:19
気になる
TVを見ていて気になったので ...続きを見る
ちび通 写真日記
2007/01/28 12:02
華麗なる一族 キムタクの存在感が凄いです・・・
華麗なる一族、けっこう重いお話ですが、評判どおり引き込まれる面白さです!ただ・・... ...続きを見る
ミィの「今日の気になる話題」
2007/01/29 23:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
                                     

2007/02/03 02:40

コメントする help

ニックネーム
本 文